ブログ

夏ですか?

最近、夏のように暑い。そして、目まぐるしく忙しい。働かないアリとしては、深呼吸に努めて道のゴミを気分良く拾い、そうして転ぶ人を減らす、ようなことを日常的にしているはずなのに、なんなんだこれは。そして、それが案外心地よい。… 続きを読む »夏ですか?

note

最近の出来事はnoteというサービスに書いています。>>> https://note.com/miauchi ロクの家の活動はこちらです。>>> https://6haus.com い… 続きを読む »note

ADHD

精神科に行った。診断はADHDで、必要があれば障害者手帳も発行できるそう。 「不安定さも個性だから、矯正しようとするとあなたの長所もなくなっちゃうんじゃないですか」って。 普通に合わせなくていい。症状そのものよりも、理解… 続きを読む »ADHD

数のはじまり

世の中が物騒なようなので、素数を読んで落ち着く代わりに。 「達人に訊け!」と言う本の中から、数学者の藤原正彦さんとビートたけしさんの対談を久しぶりに読んだ。 藤原さんとの対談で、ざっくり思い出すこと。・数学は美しい。・数… 続きを読む »数のはじまり

青い薬箱

  生きているのに死んだ気になる不思議。死ななければ生きているという不思議。 外用薬の処方箋を頂いた。困ったときには、青い薬箱を開けたらいい。服用できるであろう揺れる言葉たちは、手の熱で溶けてしまいそうで気を付… 続きを読む »青い薬箱

カリスマとみかんの話

幾つかのワークショップに参加したり、幾つかの本を読んだ。自分で自分の限界を定める癖がついていて、それを吹き飛ばす訓練のような感じの内容と言えばいいのかな。どれも方法は変わっている。放っておいて限界を定める事が刷り込まれて… 続きを読む »カリスマとみかんの話

夢の言葉

いい夢を見ると一日の始まりが良いどころか、一日中良い気分で過ごせる。悪い夢が本当はいいのだと言われたりするけど、不眠症で悪夢ばかり見る僕はいい夢を見たい。いい夢を見たら、いつもは拾わない道のゴミを拾いたくなるくらい嬉しい… 続きを読む »夢の言葉

光っているものと詩の話

詩のような言葉の塊をよく書く。そしてすぐに消す。電話をしながらの落書きのような集中力で書く。言葉になる前の言葉なのかと思う。「あたなには才能があるから、文章で生きていける」と言われた事があるけど、それにしたって特に詩なん… 続きを読む »光っているものと詩の話

日課と犬の散歩

坂口恭平さんの「まとまらない人」を読んで、言葉を書くことを日課にしようとして数日経った。僕の中で完全にブームになっている。面白いくらいに書けた。そこで早速、試しに1日休んでみた。言葉の感覚が少しずれた。ネガティブな批判と… 続きを読む »日課と犬の散歩